Enter the Site

ジェラルド・ミューアヘッドは、生粋のスコットランド人で、プロのグレート・ハイランド・バグパイプ演奏家です。現在は日本在住、日本国内を縦横に駆け巡りながら、バグパイプの演奏や講演活動に活躍しています。日本に拠点を置く、スコットランド人演奏家は現在のところ、ジェラルド・ミューアヘッド一人です。また、ジブリ映画「ゲド戦記」の挿入曲としてバグパイプを演奏していますが、若い世代にもバグパイプの魅力を伝えることとなりました。

ジェラルドは、エジンバラで生まれ、育ちました。

彼は、世界トップクラスのスコットランド・パイプバンドであるロイヤル・スコット・ドラグーン・ガード  の一員として、元祖「アメージング・グレース」のCDをリリースし、世界でミリオンセラーとなりました。

その後、バグパイプの人気ソロリストとなり、世界各地を回りました。エジンバラ城の国際フェスティバルでは、名誉ある城塞でのソロ演奏を任されました。

ヨーロッパでの多様な音楽祭での演奏の他、ロンドンではクィーンエリザベス2世への演奏、日本では天皇ご一家への演奏を行いました。国際的なバグパイプ演奏のコンテストでは、数々の優勝を果たしています。

ジェラルドは、日本スコットランド協会のメンバーであり、両国の友情、文化、教育に貢献しています。また、日本の大学では、英国の

文化や生活様式について教授しています。

ジェラルドは、東京の英国大使館での様々なイベントでバグパイプの演奏を行っています。世界的なレベルの演奏を提供するだけではなく、英国スコットランド・バグパイプ演奏者としての儀式用完全装備の正統なコスチュームを装い、その文化を視覚的にも紹介しています。観客の方々からの様々の質問にも、日本語で、友好的に優しくまた簡潔に説明することができ、スコットランド紳士としての、このような人柄が、日本での幅広い活動を可能にしています。

ジェラルドは、スコットランド・バグパイプの演奏を教えています。また、正式なバグパイプのセットをスコットランドの有名な工房から購入することもお手伝いしています。

スコットランドから渡来した有名人には、トーマス・ブレーク・グラバーリチャード・ヘンリー・ブルントンがいますが、ジェラルド・ミューアヘッドは、間違いなく21世紀の有名スコットランド人であり、これからも本格的なバグパイプの演奏家として活躍していくでしょう。

Enter the Site

gerald@bagpipeworld.jp