バグパイプ演奏家、ジェラルド・ミューヘッド

ジェラルドは、イギリス・スコットランドのエジンバラで生まれ育ち、またここで、一流のバグパイプ演奏家、A.マクドナルドM.B.E.のもとで世界一と言われるスコティッシュ・バグパイプを学ぶ。

大学を卒業後、有名なロイヤル・スコッツ・ドラグン・ガーズに所属して、“アメージング・グレース”をリリース、世界的なミリオンセラーとなった。

ジェラルドが所属していたロイヤルスコッツドラグンガーズ楽団と
「アメージンググレイス」でミリオンセラーのゴールドディスク

1985年、スコットランドで開催された国際連合会議では、バグパイプのソロとして演奏。

イギリスやヨーロッパ各国で数多くのミュージックフェスティバルに出演し、BBCが撮影したエジンバラ城で行われた国際フェスティバルにも出演。また、ロンドンではクイーンエリザベス2世への演奏、日本では東京銀座で行われた国際ディナーパーティーで、天皇御一家への演奏を行った。

ジェラルドは、日本在住。妻は日本人。

1992年、ジェラルドは、日本で開催された国際バグパイプコンテストで、バグパイプソロ演奏家として最優秀賞を受賞。曲のレパートリーは、イギリスの伝統的なものからモダンなもの、日本のポピュラーソングまで多数。日本スコットランド交流協会では、日本とスコットランドとの親善にも協力している。1994年、バグパイプソロ演奏家として、また小型バグパイプバンドのバンドリーダーとして、二つの最優秀賞を受賞。

2006年にはスタジオジブリのサウンドトラックで演奏。

2015年には、浜松市楽器博物館にバグパイプの伝統的かつ正式なセットを納め、スコットランドのバグパイプの歴史やその発展について執筆した。その記事は、この博物館で配布されている「浜松市楽器博物館総合案内図録2015」に掲載されている。

現在、ジェラルドは、スコットランドあるいは英国の大きなイベントでバグパイプの演奏を求められ、日本中を駆け回っている。

※バグパイプに関する事柄は、何でも、お気軽に下記のお問い合わせフォームをご利用下さい。バグパイプの演奏にご興味をもっていただき、ありがとうございます。

お問い合わせフォーム

再生ボタンを押して、ジェラルドの演奏「アメージンググレース」のショートクリップをお楽しみください。