uilleann_pipes

私が以前から心に残っていたケルティック音楽が持つ魅力、特に「パイプ」の音がどうしても忘れられなかった。

日本に来て10年以上経った今でもその魅力は強くなるばかり。

リヤム・オ・フレンやデクラン・マスターソン等のアイリッシュ・イリアン・パイプセミナーに出席し、どんどん核心をつかんでいった。

1997年以降は、ハープ演奏のウェンディースチュワート(ケル・ベック)を始め、エグザイルやアイリッシュバンドのゲストとして他のミュージシャンと共演を果たしています。

アイルランドやスコットランドの伝統的な曲、現代の曲、スローエア、陽気なリール、ジグ、ホーンパイプ、そしてヨーロッパの曲も演奏しています。現在、イリアン・パイピング協会(ダブリン)のメンバーの一員。2003年「日本でのイリアン・パイプについて」という記事を執筆しました。