バグパイプパー、ジェラルド・ミューヘッド

イギリス・スコットランドのエジンバラで生まれ育ち、エジンバラ城にて一流のバグパイパー、A.マクドナルドM.B.E.のもとで世界一と言われるスコティッシュ・バグパイプを学ぶ。

その後、大学を卒業後、有名なロイヤル・スコッツ・ドラグン・ガーズに所属して、“アメージング・グレース”をリリース、世界的なミリオンセラーとなった。

1985年、スコットランドで開催された国際連合会議では、ソロとして演奏。

イギリスやヨーロッパ各国で数多くのミュージックフェスティバルに出演をし、BBCが撮影したエジンバラ城で行われた国際フェスティバルにも出演。また、ロンドンではクイーンエリザベス2世への演奏、日本では東京銀座で行われた国際ディナーパーティーで、天皇御一家への演奏をした。

1992年、彼は日本で開催された国際バグパイプコンテストでベストパイパーの最高賞を受賞。曲のレパートリーは、イギリスの伝統的なものからモダンなもの、日本のポピュラーソングまで多数。日本スコットランド交流協会にて日本とスコットランドとの親善にも協力している。

2015年には、浜松市楽器博物館で配布されているパンフレットのスコティッシュバグパイプの記事の執筆も行った。

※バグパイプ購入の際のアドバイスや、バグパイプに関する事は気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ: gerry.muirhead@nifty.com

これまでの主な活動